産休・育児休暇の取得は権利です

将来、自分の子供を産みたいと考えたときに、産休を使いやすい企業に入社することを望むようになると思うのです。
しかし、いくら今の法律で産休が認められているからといって、会社の職場環境によっては産休の使用を断念せざるを得ないことが多々あると思うのです。
それでも、働きながら育児に専念していくという気持ちがある限り、産休は働く女性としての当然の権利なのだと主張していくべき。
また、女性が復帰しやすくする制度の導入などを検討していくことが必要になると思うのです。

将来の産休・育児休暇に不安があるのであれば、条件が適いそうなところに転職したほうがいいですね。
ハローワークは辞めないと相談できないので、転職サイトを閲覧するといいかもしれませんね。

育児支援制度を充実させ、育児手当を支給したり、院内保育所を設けたり、医療関連の職場では盛んに取り組まれています。
看護師の職場で産休が取れないというイメージはないのですが、見えないだけで苦労しているところもあるのでしょうね。
個人のクリニックだと、一旦退職しないといけなかったりするのでしょうか?状況がわからないのですが、産休・育児休暇は権利なので取らせてあげてほしいです。
将来子どもが欲しいと考えている看護師さんで、今の職場では難しそうだと感じているならば、早めの転職をオススメします。
参考サイト:http://www.respitenyc.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website